毛髪にかかるダメージについて

ダメージがかからないようにするには

シャンプーのときにこうする

まずは、一番簡単なシャンプーのときに出来る対策法を見ていきましょう。

前出のページに記しているように、ゴシゴシ洗うというのはよくはありません。
ですので、シャンプーのときには毛髪を傷めずに、優しく丁寧に洗うようにしましょう。

また、シャンプーのあとにコンディショナーを利用しているという方も多いでしょうが、トリートメントに変えるというのも一つの手でもあります。
そしてこれはシャンプーにも言えることですが、最近増えてきたノンシリコンのものを利用するといいでしょう。

さらに高い効果を得たい方は、タオルドライをしたあとにヘアオイルをするということもいいと思います。

このように、シャンプーの時点で出来る対策は結構あるので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

それ以外の方法

続いては、シャンプーのとき以外に出来る対策法をお話したいと思います。

毛髪のセットでヘアアイロンを利用している方もたくさんいらっしゃると思いますが、その際の利用法も注意が必要です。
恐らく説明書などに書かれていると思いますが、温度は120~140度で毛髪が完全に乾いている状態で使うのがベストな方法です。
さらに言いますと、ドライヤーの熱も結構なダメージを与えていますので、ドライヤーも正しい使い方をするのもお忘れなく。

また、紫外線から毛髪を守るというのも大事なことです。
これは夏みたいな日差しが強い時期だけではなく、どの季節も共通して言えることです。
日傘や帽子、そして毛髪用の日焼け止めスプレーで毛髪を紫外線から守りましょう。